文字盤 染み抜き 2018.03.23

2018年03月23日
文字盤のシミが気になります




今回の時計、文字盤はなかなかキレイなほうで、塗装の剥げなどもほとんど無いのですが、文字盤のシミが気になってしまいます。

でもコンパウンドなどで磨いてしまうと、数字や文字などの黒字が消えたり薄くなると思います。


2018年03月23日
漂白してみます。(笑)




駄目になってしまう可能性もあるのですが、漂白してみることに。(笑)

使用するのは酸素系漂白剤。

衣類の染み抜きの場合、2リットルの水(30〜50度のお湯が最適)に10gとあるので、その比率で漬け込み。

時間は15〜30分程度とのことでしたが、問題が出ては困るので10分間の着け置き。


2018年03月23日
きれいになりました (注意! 金属は変色します。)




実際目で見ると、まだシミはありますが、ずいぶんときれいになりました。

ただし、酸素系漂白剤は金属には向かないので、裏側は少し変色。

まあ、これぐらいは、許容の範囲内です。

表面の未塗装の部分(周囲)も少し変色しています。

この材質はアルミのようですし、経年変化でおかしくなることはないとは思いますが、周囲と裏側は念のため、コンパウンドで磨き、ワックスをかけて表面保護をしておきます。


2018年03月23日
ビフォーアフター




ちゃんと違いが判りますね。


2018年03月23日
漂白成功!




今回、ケースを塗装と磨きで綺麗にする予定なので、中の文字盤が気になると思っていたのですが、これなら十分です。

多分、ガラスをつけたら、近づいてみても気にならないレベルになるんじゃないかと。

成功ですね。

ただ、真似して、おかしくなっても責任負えませんので、
自己責任でお願いします。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system