エンジン分解、部品修正&購入 2014.03.02

2014年03月02日
バルブはずし




バルブをはずすには、こんな便利な道具が売っていて、コッターのはめてあるところにあて、ハンマーで叩くだけです。

内径の太いほうを使うと、コッターがはずれ、小さいほうを使うと、コッターをはめられます。


2014年03月02日
店で色々とやってもらいました。




加工屋に持って行っても相談には乗ってくれないので、ベトナム人の友人のなじみの店に持って行き、相談に乗ってもらいながら、色々と加工に出してもらいました。

結局、

クランクは分解し、ベアリング交換。クランクシャフトのピストンピンの穴にゆるみがあるので、そこも少し大きいものに変更。

・この関係で、ピストンも穴加工、新品のピストンを使う事にしヘッドも加工。
(65ccにボアアップしているのにヘッドが50ccなんで、こんな形状なんだそうです。)

・カムシャフトは新品に交換。(軸の径が太いので、ヘッドを加工。)

・バルブ、吸気のみ新品に交換し、すり合わせ加工。

・ロッカーアームは程度の良い中古品に交換。

・スプロケットシャフトは肉盛り溶接し、加工。

・ヘッドキャブ側スタッドボルトが取れなかったので、取ってもらおうとしたら折れたので、ネジ穴再生加工。

これらで費用が62万ドン(約3,000円)でした。


2014年03月02日
ピストン




左が元のもので、新品を加工したのが右。

ほとんど同じ形状です。
両方ともSTDサイズなのに、なぜか新品をシリンダーに入れるとかなりきつい。

オイルを塗って、セメントを振り掛けてシコシコすると大丈夫と言われました(笑)

もちろんそんなことはしないですけどね。


2014年03月02日
フロントスプロケットシャフト 加工前、加工後




これだけ磨り減っていたので、フロントスプロケットがゆるゆるでしたが、加工後はちょうどのサイズです。
見た目はちょっと悪いですが、まあ、使えそうです。


2014年03月02日
部品購入。




カムチェーン
オイルシール&ゴム蓋
カムチェーンガイドスプロケット
ベアリング(ミッション部分)2個
ネジ、ナット

これらすべてで203,000ドン(約1,000円)

これで大体エンジンの修理購入品は終わりだと思います。

いくつか、ベアリングやゴムパッキンの買い忘れはありますが。

今までにかかった費用が1,123,000ドン(約5,500円)

すべての修理をこの金額で収めたかったのですが、さすがに無理でした。

エンジンはきっちりとやりたいですしね。

大体、1万円ぐらいですべてを終わらせたいですが、それも無理でしょうね。

まあでも、2万円ぐらいかければ大体の事は終わるんじゃないかと思っています。







トップへ
戻る





inserted by FC2 system