クラッチ交換 2012.11.25

2012年11月25日
クラッチ交換




以前、SUGARさんにエンジン腰上を頂いたときに、クラッチも一式頂いていました。
とりあえず走れはするので放置していましたが、オイル交換の時期になったので、重い腰を上げて交換しました。

今までの物は、青矢印部分は段付しているし、赤矢印部分はガタが出ています。

SUGARさんに頂いた物は、もちろんもっと程度がいいです。


2012年11月25日
特殊工具




クラッチの本体ケースを外すには特殊工具が必要なので、以前工具屋で見つけた物を加工して、工具作成。
修理よりも、この工具作成に時間がかかりましたが、工具が出来れば後は簡単に外せました。

外したときには、両手で作業でしたので写真なし。


2012年11月25日
クラッチプレート




クラッチの鉄プレートでSUGARさんから頂いたのは右側で、私のについてたのは左側。

表面の処理が違うのと、元々着いていたほうが厚みがあったので、これは元々のを使い、その他を頂いたものにするというニコイチ作戦で行きました。


2012年11月25日
調整




色々と違う部品を組み合わせたら、きちんと写真中央のアジャスターを調整しましょう。

何故そんなことを知っているかというと・・・・・・








知らないで組み付けたので、試走してみたらクラッチを切っても切りきれず、バイクが進んでしまったのです(笑)

だから再度オイルを抜いてカバーを開け、調整しました。

調整基準は判りませんが、指で前後に動かして、ホンの少しカタカタ言うぐらいにしました。

これできちんとクラッチも切れるようになりました。

SUGARさん、遅くなりましたがやっと組み付け、良い状態になりました。

ありがとうございました。


2012年11月25日
ねじ穴再生




ジェネレータ側のねじ穴が1つ、以前から駄目になっていたので、ついでにこちらも修理。

ヘリサート加工しました。

これでエンジンの気なっていたところは、ほとんど直せました。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system