リアタイヤ、スプロケ、チェーン交換 2011.01.30

2011年01月30日
パンクです




赤矢印の部分は以前パンク修理をしました。
そこから空気が漏れ出しタイヤが凹んだら、青い部分の亀裂からも空気が漏れ始めました。

外出中でのパンクだったので、とりあえず、パンク修理をしてもらい家まで自走できましたが、このタイヤは写真で見る以上にひび割れがありますので、交換することにしました。
このタイヤは交換してから4年が経過。
ひび割れが目立ってきたので、そろそろ交換しないと。とは思っていたのですが。

タイヤの溝は4割弱残っているけど、劣化により交換という状況です。

ちなみに私は20年以上バイクに乗っているけど、今だタイヤを使いきって交換したことがありません。

まず、新車を買った事が無いから、いつもバイクを買うとタイヤ交換です。

しかし、その後カスタム等や仕様用途の変更により、パターン変更やホイール交換時まど、また今回のように溝はあるけど劣化して交換。
となってしまうのです。

所有しているバイクが1台ではないので、使用頻度が分散されるのも原因でしょうね。

今はGNを通勤で使っているから、GNの次の交換時は劣化ではなくタイヤが減って交換できると思うのですが。

ちなみに、今回はタイヤ交換と一緒に、チェーン、スプロケットも交換しますので、なじみの店に任せることにしました。



2011年01月30日
お店での交換です




店での交換作業です。
作業場所は歩道ですが(笑)


2011年01月30日
フロントスプロケ




今までのチェーンとスプロケです。

フロントスプロケ、なかなか良い手裏剣として再利用出来そうです(笑)。

チェーンは今までオーリングチェーンでしたが、今回は通常タイプに戻しました。

現在、CBの使用頻度は低いですから。


2011年01月30日
作業中




このお店は、CBを買ってすぐのときからお世話になっているんで、もう13年の付き合いです。

店の主人とは13年ですが、以前いた整備の兄ちゃんがいなくなって、今の整備はこのおっちゃんです。

前の人も作業は荒かったのですが、今度の人はまったく掃除をしてくれず、取り付けるだけなんですよね。

まあ、チェーン回り汚れていますが、掃除は後日、自分でやるしかないです。

ブレーキシューも交換したので、その回りだけはちょっと掃除してくれました。


2011年01月30日
取り付け後




こんな感じになりました。


2011年01月30日
DEESTONE?




DEESTONE?
聞いたことの無いメーカーです。
タイ製だそうです。

まあ、街乗りに問題は無いでしょう。
でも、CBは次回もタイヤが減って交換ではなく、劣化で交換になる可能性大ですね。

ちなみに今回の費用は

タイヤ代=95万ドン(約3,900円)
チェーンスプロケット代=65万ドン(約2,700円)
ブレーキシュー=30万ドン(約1,200円)
工賃=5万ドン(約200円)
チップ=2万ドン(約80円)

合計197万ドンでした。(約8,000円)



2011年01月30日
ガラクタ?




この写真、バイク屋においてあったガラクタ?です。
実は、このバイク(CS125 LAカスタム?)の持ち主がキャブからガソリン漏れの状態で走行し、路上で炎上したそうです。

しかもその場所は、ホーチミン市アメリカ領事館の前。
テロリストと勘違いされ、その場で取り押さえられたそうです。
さすがに領事館の前での炎上はやばいですよね。
その後持ち主がどうなったのかは聞いていません。

持ち主はどうなったか知りませんが、これら部品は再生させて使用するとのこと。
さすが、エコな国です(笑)

実は、私のCBのキャブ、ゴムパッキンが劣化して、少しガソリンが滲んでいます。
上記の炎上はオーバーフローによるガソリン漏れだと思うので、私のとは違いますから、さすがに私のはすぐに炎上はしないと思いますが、他人事ではないですね。

ベトナムでキャブの部品は手に入らないと聞いているので、どうにかしないとだめです。
皆さんも、日々のメンテナンスは気をつけましょう。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system