ブレーキディスク大径化 2006.11.25

2006年11月25日
ブレーキディスク大径化




最近、ホーチミン市ではバイクカスタムとしてフロントブレーキのディスクを大径化するのが流行っています。
スクーターやタイカブなどで取り付けている人たちがいます。

CB、GNともにブレーキの効きが今一なのでしてみたいとは思っていたのですが、どうせこれらのバイクに付けられるものは無いと思いあきらめていました。

しかし先日家内のバイク用のABSを売っている店を紹介してもらったときに、そこでCBに付きそうなディスクを見つけたのです。

でもCBはステムに問題を抱えていたので、これ以上の負荷はかけられないと思っていたのですが、「バカな失敗」にも書いたようにこの問題がクリアーされてしまいました。

そうなるともう付くかどうか確認したくて、寝ているときに、付けにいく夢まで見ます。

もうそうなると確認をしなくては引っ込みがつきません。
しかもCBのディスクは予備を持っているのではずして確認しなくても、その予備を持っていけば簡単に確認できます。

それで今日確認に行くと、取り付け位置がまったく同じです。
ディスクのオフセット量が違うのですが、これは取り付けステーを作ってもらえばすむ話です。

金額を聞くとディスク代が約6千円。
日本での金額を考えると安いのですが、ちょっと躊躇しました。
今のディスクは十分に厚みがあるし、スペアも持っているし。
でも、この国では見つけたときに買わないと、後回しにしていざ欲しいときに買おうとするともうないことが良くありました。

最近株価も上がったし、一部利益確定もしたし。
と思って買っちゃいました。

というか、そこで取り付けてもらうのでそのままバイクを置いて、店の代車を借りて帰りました。
夕方には出来るとのこと。

それで、午後に取りに行くと出来てました。


2006年11月25日
換えました




換えました。
結局、ステー代と工賃で約7千5百円でした。


2006年11月25日
比較




元のディスクが直径約24cm。
今回のものが約28cm。

タッチがずいぶんと良くなりました。


2006年11月25日
ステー




こんなステーで外に逃がしています。

案外作りは荒いですが、厚みもあるし、この国でこれだけきれいに作ってくれれば十分です。


2006年11月25日
 

当たりが




現在、一つだけ問題があります。
今回はブレーキパッドを換えていないので、パッドが平らでなく、真ん中しか当たっていません。

これで制動力が上がっているんですから、きちんと当たればもっといいでしょう。

まあ、止まり方としては強烈に変わったわけじゃないんですが、とにかくタッチがいい感じなんです。
レバーを引くと引き始めからいい感触なんです。

とりあえず大成功です。

CBはクラッチに問題を抱えたままなのに、こっちを先にやっちゃいました。
早くクラッチも直さないと。
ちなみに、クラッチ板は交換したので、朝一番の貼り付きだけは無くなりました。

これ、GNにも付けたいなー。

こんなことしてるとお金がいくらあっても足りないですね。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system