ステムベアリングのテーパーローラー化 2007.11.15

2007年11月15日
ステムベアリングのテーパーローラー化




以前、インタネットでステムベアリング用のテーパーローラーベアリングを売っているページを見つけたので、注文して実家に送ってもらっていました。

今回の一時帰国でベトナムに持ってきたので取り付けです。

ちなみに、上がCB125T用。下はGN125用。
GNのほうがでかいです。

で、今回はCBへの取り付けです。


購入は(株)ナカイ商工さんから
http://nakaishoko.web.fc2.com/
です。


2007年11月15日
ハンドルストッパーの加工




今までつけていたベアリング、取り付けてから1年ちょっとしか経っていないのですが(交換後の走行距離は4000kmだけ)、既に若干の引っ掛かりが出来ていました。

諸悪の根源はここです。

ハンドルストッパーの加工時に問題があって、ハンドルを切るとステムのストッパーじゃないところとすり合わされることによって、ベアリングの傷みが早くなっていたのです。

以前、バカな失敗のページにも書きましたが、ベアリング交換後気がつくまでの間に既におかしくなってしまっていたようです。

今回は、そうならないようにするため、分解時に問題の箇所を削っておきました。

正確には、ジャンさんに削ってもらいました。 


2007年11月15日
傷んだ元のベアリング




元のローラーベアリングはやはり、受けに傷が付いていました。


2007年11月15日




今度のはニードルベアリングで接点が多いから、たぶん丈夫でしょう。


2007年11月15日
打ち込み




古いベアリングの受けを利用し、傷がつかないようにしながら打ち込みました。

ただ、この打ち方だとローラー部分にちょっと負荷がかかるんですよね。
これ、二重構造になっているから、中心部だけに力をかけて打ち込むのが本当なんだと思います。

実は、この後ネジを締めこむ時に、まだはまっていないのに抵抗があったので念のため外してみると、一つローラーが外れてました。

どこかに当てながら無理やり入れてしまったんですかね。

外して点検しておいてよかったです。

気がつかずに締めこんでいたら、ベアリングを壊すところでした。


2007年11月15日
冶具作成




ベアリング外側の受けを打ち込むのに、古いベアリングの受けを利用。

外周をちょっと削り、取り付け場所に入れてもユルユルの状態にして、新しいものの上にかぶせ打ち込み。

こうすることによって、新しい受けに傷がつかないようにしながら打ち込みます。

で、完成。

乗ってみたところ、とてもいい感じです。

今までは既に引っかかりを感じていたけど、まったくありません。

それに、気分的なせいもあるんでしょうが、なんとなくカッチリと剛性があるような感じです。

とりあえず、買って正解でした。


2007年11月15日
フロント強化




以前、リアサスを強化したけど、フロントはそれに見合っていませんでした。

それに、フォークを伸ばした時点で若干のガタがあったので、バネをすめつけることによってそれも消せるんじゃないかと思って、今回日本から持ち帰った5円玉で強化です。

5円玉の径はスプリング径とほとんど同じですし、しかも中心の穴にボルトを通せは、数枚入れるときに固定しやすいです。

今回は4枚ずつ入れてみました。

なんとなくちょっとかっちりしたような気がします。
伸びた時のガタは減ったような気もしますが、完全には消せませんでした。
まあ、乗る分には問題はないのだけど。

これで、バリバリに走りこめるぜ。
もう何人たりとも俺の前は走らせねえ。













なんて事はしません。

今後も亀走行ですから。

極悪非道なツーリングメンバーの皆さん。

亀さんのスカウトは進んでいますか?
よろしくお願いしますね。

私のバイクを見て誤解した方へも、きちんと説明をしてくださいね。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system