メーター交換 2009.04.11

2009年04月11日
メーター交換




CB125Tに取り付けているミニメーター、バイクの大きさとバランスが取れておらず、以前から気になっていました。


2009年04月11日
ウルフ125のメーター




ずいぶん前に友人に頼んで日本でオークションで落札していたウルフ125のメーターです。

私のバイクコンセプト、「狼の皮をかぶった羊」にはやはり狼の皮が必要ですからね。

字の書き間違いじゃなく、私のバイクのコンセプトです(笑)


まあ、冗談はさておいて、以前からバンディッドのメーターはきれいだなって思って気になっていたのですが、オークションですら高いし、しかも速度、回転数ともに多すぎて、CBで、しかも私の乗り方では針がちょっとしか動かないだろうと思って、あきらめていたのです。
しかしたまたまこれを見つけて、色違いだけど形状は同じだし、金額も確か2500円だったので、落札を頼んだところ、購入できました。

125ccのメーターなので、速度、回転数ともにCBに近いです。


2009年04月11日
取付金具




元は上の写真だったのですが、途中で切って短くし折り曲げ角度を変更し、穴を開けて色を塗りなおしてみました。

長さや角度は適当にやってみました。


2009年04月11日
取り付け終了




角度など微調整が必要でしたが、まあいい感じで取り付けられました。

もうちょっとメーターを下にしたいところですが、そうすると固定にもちょっと難有りなので、ここで妥協です。

黒のままじゃちょっと浮くので、出来ればメッキしたいところですが、上部のメーターリングが取り外しできないので、また後日スプレーで銀に塗装するつもりです。
(たぶんこれ、バンディッドと共通の大きさだと思うので、バンディッドの銀のカバーが取り付けられるような気もします。)

電線もきちんと接続できて、電気式タコメーターも動きます。

正確な値を示しているかどうかは聞かないでください。(笑)

なにせ、今までつけていたSR用メーター(機械式)はギア比が異なり、正しい値を示していないことにしばらく気づいていなかったのですから。


後もうひとつ問題が。

メインキーを固定するステーは、今までのものが使えないので、またどこかで作ってもらわないといけませんが、今はタイラップで固定しています。

上からの写真で、ハンドルに白いタイラップが見えています。

まあ、しばらくはこれで行きます。


2009年04月14日
追記 元のステー




これはミニメーターを固定するために以前作ってもらったステーです。

これを元に今回必要なステーの絵を書いて見ました。


2009年04月14日
アルミ板




CBにつけているテールランプを買ったときについていたステーを残していたのですが、大きさ的にこれが使えそうなので、自作してみることに。


2009年04月14日
切り出し




鉄鋸とドリルを使って切り出し、グラインダーで角を丸めて、キーシリンダーを止める部分にはパテでナットを固定。
ナットは溶接固定したいところですがステーがアルミなのでパテを使いました。
一度固定すれば、そう頻繁に取り外しするものではないですから、これで十分だと思います。

アルミとはいえ切るのは大変でしたが、まあ綺麗なのが出来ました。


2009年04月14日
取り付け




ステーを取り付けてみました。

まあ良い感じでつけることが出来たと思います。

これで形は完成。

メーターのメッキもしくは塗装に関しては、しばらくはせず、このままで乗ることにしました。





トップへ
戻る





inserted by FC2 system